本戸土楽倶楽部の準備会

<柏のあけぼの山の桜>いつもは露店でにぎやかであるが自粛で街灯の明かりだけ。 見事な満開の桜の下で花見の宴もわずかで寂しい。

<主 旨>

 都市と農村、消費者と生産者の良い形の多様な交流を、農産物を通じて進めいてくことで豊かな農村づくりを行う。 また直接のふれあいの場をつくるなどで農村・農業が大事を理解し合える関係づくりを進める。消費者には新鮮で安全な食材そして豊かな自然の癒しの場を創ることに繋がるものにする。 この豊かな農村づくりを、自然を守り、環境保全に繋げて行く。こんな思いを持って、旬の新鮮野菜・食材を畑で、農業体験で、ネットで直売を行う。 本戸土楽倶楽部は、こんな共通の思いを持った農家・生産者そして消費者の交流の母体になり活動を推進する。

<活 動>

1.参加登録の農家、生産者の旬の新鮮野菜、食材のネット、畑直売、直採集販売、直売会。
2.農業体験など交流活動、グリーン・ツーリズムの推進
3.その他
 豊かな農村つくり、自然と共存の農業振興の推進、地産地消(省エネ温暖対策)、環境保全、健康食材の栽培(生産)などに少しでも寄与できるような活動をする。

<笠間の道の市にまちづくり教室で鯉焼き出店。中々の盛況であった。>

○ネット販売 ○畑直売 ○直採集販売 ○体験作業
*季節に合わせていろいろな笠間本戸の農産物を準備出来るものから扱う。

<大豆の収穫>JAよりレンタルの機械で脱穀?Fさんと一緒にと言っても補助作業のみ。多謝多謝です。

本戸土楽倶楽部の準備会として活動致します。当面は、直売活動を進めながら賛同者、協力者を募りながら準備活動を進めます。

以 上

^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^

[TOPへ]